オンファロデス・リニフォリアが満開♪

1番大好きなオンファロデス リニフォリアが満開です。

庭に白い小花が咲き乱れて、色の濃いパンジーとマッチして凄く良い感じです。

来年はアルメリアを大量購入して、オンファロデス リニフォリアとパンジーとアルメリアのコラボを楽しもうと思っています!

目次

こぼれ種で発芽した苗を移植

オンファロデス リニフォリアはこぼれ種で増えますが、どこに発芽するかは春にならないと分かりません。

直根型で移植を嫌うので、根を痛めないように移植する必要があります。

種を苗から育てるなら、好きな場所に植えられますが、こぼれ種から発芽した苗を移植するにはちょっとコツがいります。

発芽したばかりの苗を根を痛めないように掘り起こして、移植したい場所に植えます。

ある程度育ってしまうと、根が張ってしまい、移植する時に根を傷める可能性が高くなります。

比較的若い内に移植する事をお勧めします。

根を掘り起こす時は、周囲の土ごとスコップで掘り起こします。

そのまま土に植えた方が良いです。

群集させたいなら…

オンファロデス リニフォリアの群集はとても見応えがあります。

ある程度背丈があるので、下に映える色のお花を植えるとより一層惹き立ちます。

大体苗と苗の間を7〜10cmくらい離して植えました。

根っこが直根型なので、もう少し詰めて良いかもしれません。

最初はヒョロヒョロで頼りないけれど…

こぼれ種で増えているのですが、発芽して双葉が出るくらいは、本当にヒョロヒョロで大丈夫か不安なのですが、意外に丈夫です。

根っこさえ傷めなければw

如何にも栄養がなさそうな路地でも、小さいながらに花を咲かせています。

初心者でも育てやすく、放置でも丈夫に育つのでオススメです!

ただし、突然立枯れする場合もあります。

今年は1つの苗だけ立ち枯れしました。

原因が不明ですが、高温多湿かな…?

色んなお花と相性が良い!

オンファロデス リニフォリアの良い所は、色んなお花と相性が良い事です。

小さい白花で可憐なので、他の花の色が引き立ちますし、群集すると白花も引き立つので、色んな植物との相性がよく、お互いに相乗効果を生み出します。

ビオラとオンファロデス・リニフォリア
ビオラとオンファロデス・リニフォリア
フリルパンジーとオンファロデス・リニフォリア
フリルパンジーとオンファロデス・リニフォリア
よく咲くスミレ・マーマレードとオンファロデス・リニフォリア
よく咲くスミレ・マーマレードとオンファロデス・リニフォリア

ぜひ育てて、色んなお花とのコラボレーションを楽しんでみてください♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?

レビュー&コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる