暑さで弱った植物の回復方法

夏の猛暑で暑さに弱い植物たちは弱りモード。

辛うじて生きているプリムラジェシカは風前の灯で、3苗の内2苗枯れてしまいました😩

まだまだ暑いですが、少しずつ気温が落ち着いてきたので、これ以上弱らないように活力剤をあげました。

目次

メデネールで活力を!

もう何年も使っていないメデネール200mlが残っていたので、500mlのペットボトルにキャップ1/2のメデネールを入れて水で薄めました。

プリムラ ジェシカと、この間挿し木したばかりのクレマチス流星、オンファロデス スターリーアイズにもあげました。

メネデール
¥1,046 (2022/09/13 18:50時点 | Amazon調べ)

追加で500mlのメデネールを購入しました。

メデネールは何度あげても害はないので、夏の暑さで弱っている植物に毎日あげる予定です。

弱ってる状態から回復を助ける

夏の暑さで弱っている植物に液肥をあげるのは厳禁です。余計に弱ってしまいます。

液肥をあげる前に、活力剤をあげて、植物が回復するのを待ちます。

少しずつ回復してきたら、やっと液肥の出番です。

活力剤は色々ありますが、昔から有名なのはやはりメデネールです。

使い方は簡単で、メデネールのキャップ1杯に対して、1Lで薄めます。

500mlのペットボトルだったら、キャップ半分ですね。

病気や害虫で弱った植物にも有効

今年はカミキリムシの被害がとても多かったです。

マダムフィガロは春先に、ダフネは9月初期、エゴノキは8月中旬にやられました。

1番ダメージが強かったのはマダムヒィガロです。

一応ダフネとエゴノキは平気そうではあります。

また、コガネムシの被害も多く、バラの蕾を食べ尽くしました。暑さで外に出にくかったのがいけなかったのですが…

また、2階のミニバラはハダニによる被害も多く、かなり枯れてしまいました。2種類以上の薬剤を頻繁に撒いたりもしたのですが…結局駆除し切れず蔓延してしまいました。

残ったミニバラは、T.F.タッカー(1枝のみ生き残る)、モカ、グリーンアイスの3種のみ😭

中でも辛うじて生き残ったT.F.タッカーは、小さい芽だけが生き残る始末です。

そんなわけで、結構害虫による被害も多かったので、回復を促す為にも活力剤・メネデールが有効です。

また、梅雨時期の高温多湿の時期は病気との戦いでもあり、黒点病などで葉をやられた後の猛暑なので、バラはかなり疲弊しています。

早めに回復させて、春に向けて栄養を蓄えて欲しいので、活力剤で回復後に液肥などの肥料をあげますを

おそらく花を咲かせようと頑張ると思いますが、回復中に花を咲かせてしまうと、また栄養を花に取られてしまうので、花芽は必ず剪定します。

春に備えての準備を今から行い、枝に栄養を貯えせることが大事です。

夏バテのバラ&ミニバラにも活力を。

バラは結構成育旺盛で強靭な方ですが、やはり夏の暑さで枯れる枝も出てきています。

主枝を活かす為に、他の弱い枝を犠牲にする感じですかね…

主枝は葉を落とさずに頑張っています。

反面、地植えしたミニバラの方は、葉を全て落として枝だけで生きる感じです。

今年は去年の冬に色々体力を付ける対策をしたので、全ての葉が落ちることはありませんでしたが、去年は全て棒が刺さっている状態でした😓

バラはルーツポーチに植えて移動可能ですが、移動せずにそのままにしました。

一方で、ミニバラは地植えなので移動することができません。

今年も全ての葉を落として枝だけになるかなと思いきや、辛うじて葉を残しています。

もしかしたら、去年の冬に腐葉土と有機肥料を少し混ぜたので、夏越しする体力ができたのかもしれません。

ですが、とても花を咲かせる状況ではないので、花芽が付きますが、早々に切り落として、葉を茂らせる体力の方に回してもらっています。

少し涼しくなったので、バラやミニバラにもメネデールをあげたいと思います。

多肉植物にも活力剤を

夏バテの多肉植物が多いですね…

パッカーンしてる子が多いです。クタッとしてるんですよね…。

遮光率65%なので、日照不足もあると思います。

水やりも渋っています。

そこで、毎回の水やりにメデネールをあげることにしました。メデネールは何度あげても良いんです。肥料ではないので、活力剤で多肉植物が弱くなることはありません。

今後、涼しくなったら多肉植物に肥料やりを再開しますが、その前に活力剤で体力をつけさせます😓

夏の猛暑で弱っている状態で肥料をあげるのは危険なので…。

活力剤は万能ではない

弱った植物に活力剤をあげれば元気になるのですが…枯れる直前とか瀕死寸前とか、そういう状態だといくら活力剤でもどうにもなりません。

あくまで、回復できる体力が残っていることが条件です。

たとえば、夏の暑さで全ての葉っぱを落としてしまったミニバラとかです。

葉っぱを落としても、茎が枯れず、涼しくなってきたら新芽が出る状態なら、活力剤で回復の手助けをすることができます。

全ての葉っぱを落としても、復活することができるバラ&ミニバラ。

でも、多肉植物は全ての葉っぱが落ちたら…?厳しいですね…そもそも光合成ができなくなるので…

活力剤で復活できるかどうかは、その植物に生きる体力が残っているかどうかにかかっています。

活力剤は万能ではありません。

弱ったから、活力剤使えば元気になると頼らず、弱らせない努力をすることが大事ですね…

暑さで弱るのは中々難しいですが😭

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?

レビュー&コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次