プリムラ・ビアリーの育て方

タキイで苗を4株購入しまして、
プリムラは基本的に寒さに強いイメージがあったのですが、

購入してから1株を除いて、
日に日に元気がなくなり、
葉は黄色、しなしな、今にも枯れそう。

植えた場所が悪かったのか?と場所を植え替える際に根っこを見ても、
根は元気そうなので、
ちょっと育て方を勉強しようとメモしました。

目次

プリムラ・ビアリーは暖地では一年草

プリムラ・ビアリーは宿根草なのですが、
他のプリムラと同様暑さに弱い為、
日本では夏は枯れてしまうので一年草です。

半日陰に移動して、頑張って夏越しの方法もあると思いますが、
最近の日本の温暖化を考えるとかなり難しそうです。

※でも旦那両親からもらったプリムラ・ジュリアンは、
真夏に日光がガンガン当たる場所で夏越しして、
現在花が咲こうとしてる脅威の生命力w

一年草だけど、種を採取できる

プリムラ・ビアリーは一年草だけど、種が採取できます。

種を採取して秋蒔きする事で、
毎年花を見ることができます。

プリムラ・ビアリーの苗はギリアより貧弱

プリムラ・ビアリーの発芽当初は、
かなりヒョロヒョロの頼りない苗です。

ギリアでも手こずったのに、
ギリアより貧弱だと、
ちゃんと育てるまでが不安です。

なので、なるべく多くの種を植えて、
保険を作っておくことをお勧めします(^_^;)

冬は地上部がなくなる

折角苗が届いたのに、最近元気がなく、
葉は黄色に変色してシナシナ。
新しい芽も出そうになく、
もう風前の灯になって、
育て方をネットでググったところ、

なんと冬に強いプリムラ・ビアリーは、
地上部がなくなって冬越しするそうです。

根っこが元気なら、
苗は生きているので、
そのままそっとしておくこと。

私のように気になって掘り起こさないように(^_^;)

プリムラ・ビアリーの育て方

管理する場所

秋〜春は日当たりの良い、風通しの良い場所を好みます。

夏は半日陰に置いて、
直射日光を避けますが、
基本一年草扱いなので、
枯れる可能性が高いです。

花を楽しみたい場合は、
開花後は根本から切ります。

種を採取したい場合は、
種ができるまで待ちます。

水やり

開花中は水を好みます。
水切れしないように注意します。

夏も冬も、
土中の水が熱しない、凍らない時間帯の午前中に水やりします。

肥料

秋に緩効性肥料を、
開花中は液肥をあげます。

開花時期

3月から5月に花が咲きます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?

レビュー&コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる