ピレア グラウカの挿し芽をして増やす方法

今まではミニ鉢にハイドロカルチャーで植えていたのですが、
少し大きめの鉢を買い、沢山増やして垂れさせてニヤニヤしたいなと思い、
ピレア グラウカを挿し芽することにしました♪

Sponsored Link

こんな感じに均等に挿し芽をしました。
まだ枯れる様子はないので、このまま根付いて欲しいです。

ピレア グラウカ

挿し芽する方法

節が土に埋まるように剪定して、下葉を取って土に挿します。

土は湿っている状態にしています。あまり水をあげるてしまうと、今度は腐ってしまうので、土に爪楊枝を刺して、爪楊枝の水分が無くなったら水をあげるようにしています。

ワサワサ増えてくれると嬉しいなぁ。

これから秋にかけて室外で日光浴するとよく育つそうなので、発根したら外に出してあげようと思います。

水は好きな方なので、ハイドロカルチャーの方は、鉢を振ってみて水の音がしなかったら、水をあげています。

穴なしの小さめの器にいれているので、水が溜まる状態だと根腐れしてしまいます。

これまた爪楊枝をハイドロカルチャーに刺して、爪楊枝の湿り具合と鉢を振ってみて水の様子を聞いて水をあげています。

今のところ、これで夏越しできました。

冬は寒さと乾燥に弱いので、室内に取り込んで、葉水をする代わりに水やりを控えます。

エアコンを使う場合は、乾燥対策にビニール袋を被せると良いです。

埼玉の自宅でガスファンヒーターを買う前は、エアコンを使用していたので部屋が乾燥して植物が弱る事が多々ありました。

応急処置として、ビニール袋を被せて葉水する事で、何度も危機を逃れた事があったので、この方法はとても有効です。