グリーンアイス

花がポンポンと次々に咲き、白やピンクや薄いグリーンと花色が変化する、とても可愛いミニバラのグリーンアイス。

生育旺盛で病気知らず。

とても育てやすいグリーンアイスの育て方をまとめました。

目次

グリーンアイスとは?

枝が伸びて垂れ下がった先に、ポンポンと次々と咲くタイプのミニバラです。

咲き始めから咲き終わりまでの花色が薄いグリーン、白、ピンクと移り変わります。

ミニバラの中でも強靭で、病気にも強く、とても育てやすいミニバラなので、ミニバラ初心者の方にオススメできます。

グリーンアイスのデータ

ミニバラ・グリーンアイス
グリーンアイスの詳細データ
系統ミニチュアローズ
花形ロゼット咲き
花径小輪
咲き方四季咲き
芳香超微香
耐病性
耐陰性
耐寒性
耐暑性
うどんこ病
黒星病
作出国アメリカ
作出者Ralph S. Moore
交配(Rosa wichurana Crépin × Floradora) × Jet Trail

垂れ下がるのが可愛いけれど…

グリーンアイスは枝が垂れ下がるタイプなので、置き場所を選びます。

  • 高さのある鉢で育てる
  • ミニオベリスクや支柱を立てて、枝を支えて垂れさせる
  • 高さのある鉢置きを買う
  • 壁面に面する部分に置く

我が家の場合、2ガロンのルーツポーチに植えて、室外機の上に置いて、枝を垂れ下げています。

グリーンアイスは垂れ下げて育てるミニバラという認識になりました。

根元がスカスカ対策

グリーンアイスはポンポン咲きなので、次々と花を咲かせてくれるありがたいミニバラなのですが、垂れ下げて育てる反面、根元がスカスカになりやすいです。

グリーンアイスの根元がスカスカな状態

花を咲かせている間は、花に栄養がいくので、新芽や葉っぱが茂りません。

なので、どうしても根元がスカスカになりやすいです。

根元がスカスカなのでどうしたものかと悩みましたが、花が傷み始めたので、株を充実化させるために思い切って花を剪定してみました。

すると、直ぐに根元から若芽が出てきて覆い茂ってビックリです。

根元からワサワサと若芽が出てきた様子

もし、根元がスカスカでちょっと見栄えが…と思った人は、思い切って花を摘んで剪定してみてください。

病気に強く、生育旺盛

2階のベランダでミニバラたちを育てていますが、中にはうどん粉病まみれの子もいます。

今年は4月から高温多湿で、うどん粉病が蔓延しやすい環境と言えます。

うどん粉病でバラは枯れたりはしないので、時々薬剤を撒きながら、傷んだ葉を取り除き、風が通るように剪定しています。

そんな環境で、グリーンアイスはかなりうどん粉病には強いといえます。

ほぼノーダメージです。

雨晒しでもOKという感じです。

また、根元がスカスカでも、対処をすれば直ぐに茂ってくれる生育旺盛さ。

とても育てやすいミニバラです。

まとめ

ミニバラを育てたい初心者の方にオススメしたいです。

ポンポンと次々とお花を咲かせてくれますし、花色が移りゆくのも楽しめます。

そして、何より生育旺盛で強靭!

余り悩まず育てられる数少ないミニバラです。

レビュー

レビューのお願い

レビュー結果

グリーンアイスのレビューグラフ

全体平均値:4.14/5(1件のレビュー)

ミニバラ&育て方の関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?

レビュー&コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる