碧魚連の増やし方・育て方

去年の初夏、マンションの大規模改修のおかげで碧魚連が枯れてしまい、秋に碧魚連を2鉢増やして育てています。

何故か物凄く元気で、伸び伸びになってきて嬉しい限り。

Sponsored Link


一緒に植えたメセン・インギュラータは元気が良いものの、碧魚連より成長が遅く、浸食し始めたので、伸びた部分をカットして増やそうかなと思いました。

真冬の外でも元気に育っていて、つい最近根付いたようなので、そのメモをしておこうと思います。

碧魚連の根が生える部分

普通挿し芽する時は、節を残して土に挿すのですが、碧魚連の場合は節は葉で囲われていて、どうやって根が生えるのかな?と疑問に思っていました。

取り敢えず、挿し芽してみようと4つばかりカットして土に挿していたのですが、其の内の2つに根が生えていました。

生えていないカット苗と生えているカット苗の差

これはパッと見、幹の部分が長いか短いかの違いかなと思います。

茎の部分がちょっと短くカットしてしまった苗は、根が生えてきませんでした。

※まだ生えてはいないけれど、カット苗はまだ生きているので今後生えてくる可能性はあります。

茎の部分を1cmくらい長めに切ったカット苗は、根が生えてきたのです。

そして、生えた部分は写真を見れば分かるように、まだ茎が若い赤い部分です。

碧魚連のカット部分
茎は長めに残した方が良いのかもしれません。

茎の根元からカットするのが良いのかも。

根が生えた碧魚連
碧魚連は節からじゃないんですね〜!ビックリです。

水のあげ方

碧魚連はお水が好きな方で、土が乾いたらその都度あげています。なので、週2くらいの頻度でしょうか。

水の頻度を下げる季節は、冬と夏で、特に夏は碧魚連の葉に皺が出たらあげるようにしています。

蒸れで枯れてしまう可能性が高いので、水をあげる時間帯は夕方以降です。

冬は週1くらいの頻度で、土に爪楊枝を挿して、爪楊枝に浸みた水が乾いていたらあげています。

春と秋は他の植物と同じくらいの頻度で、土の表面が乾いたらあげていました。

購入後の植え替え

苗が元気で枝が多い場合は、植え替える時にちょっと深めに植えると良いかもしれません。

ちょっと深めに植えると、植えた茎の部分から根が出て、自然と増えていきます。

現に植えた2鉢は、最初は根が2箇所だったのに、今では7箇所以上根付いているようです。

そうなると、どんどん増えていき、伸びで邪魔になってきたらカットして挿しておくと更に増えていきます!もう可愛くてニヤニヤが止まりませんw

花芽が付いてから咲くまで

11/29の購入時

購入時の碧魚連

12/21

1/23

2/7
お魚パクパクが花芽を付けているヽ(´▽`)/ 枝を土に付けてたら、根っこが出てきたようで、増殖してる(*^^*) #多肉植物 #碧魚連 #ルチア
2/16の碧魚連
碧魚連のお花
この写真は2/16の碧魚連です。

碧魚連にお花が咲きました。

どうやら昼の間だけのようで、17時にはお花が閉じるようです!

お花が咲くっていうことは、碧魚連の生育が順調みたい。