アーマンディ系 < クレマチス 品種別– Clematis Armandii –

目次

アーマンディの解説

クレマチス・アーマンディー(Clematis armandii)(別名:アルマン・クレマチス、常緑クレマチス)は、クレマチス属の花が咲くつる性植物です。

クレマチス属の多くの植物と同様に、派手な花を咲かせるので園芸家に愛されています。

中国(北部と極南を除く)の大部分とビルマ北部に自生しており、木質化する多年草です。ハチやチョウ、ハチドリを誘引します。

植物界
クレード気管支植物
クレード被子植物
クレード裸子植物
キンポウゲ目
キンポウゲ科
クレマチス
C. armandii
命名クレマチス アーマンディー
フランス語
科学的分類

栽培

クレマチス アーマンディ(Clematis armandii)は、春に前年の成長した枝に、香り高い約6センチ程のの白い花を咲かせます。

葉は濃い緑色で垂れ下がり、質感のある外観を作り出し、グリーンカーテン(スクリーン)としてよく使われます。

高さ3mになることもあります。

塩分の多い土壌や水で育てた場合、葉の先端が酷く焼ける事があります。

アメリカでは、アメリカ南部で一般的に見られるアメリカ園芸協会のゾーン9から7で最もよく育ちます。

アメリカでは、一般的にアメリカ南部で見られ、アメリカ園芸協会のゾーン9から7で最もよく育ちます。

栽培品種には、ピンクの花を咲かせる「ヘンダーソニー・ルブラ」、「アップルブロッサム」、「スノードリフト」などがあります。

アーマンディの語源

「クレマチス」はギリシャ語でいくつかの登山植物の名前であり、「クレマ」は「つる植物」を意味します。

アーマンディは、中国のイエズス会の宣教師兼植物収集家であるアルマン・ダヴィド(Armand David)神父(1826-1900)にちなんで名付けられました。

開花時期

3月〜4月の一季咲き

咲く枝

旧枝咲き

前年に伸びた枝から新芽が出て、花が咲きます。

剪定と剪定時期

弱剪定

花後の剪定

開花時期後の6月頃に、剪定します。

春の剪定

旧枝咲きの為、剪定時期に今年伸びた枝を切りすぎてしまうと、来年の枝数や花数に影響してしまうので注意します。

冬の剪定

開花時期が3〜4月の為、冬の剪定は必要ありません。

人気ランキング

アーマンディ系の総合ランキング

まだレビューしていません。

    探す

    他の品種を探す

    アトラゲネ (35) アルピナ (4) アーマンディ (2) インテグリフォリア (81) オセアニア (5) オリエンタリス (7) カンパネラ (12) コンナータ (12) シルホサ (10) ジャックマニー (119) タングチカ (13) テキセンシス (38) パテンス (287) フォステリー (9) フラミュラ (25) フロリダ (54) ヘラクレイフォリア (30) ベバエンセラ (3) マクロペタラ (6) メクラチス (10) モンタナ (38) ラヌギノーサ (124) ヴィオルナ (127) ヴィタルバ (8) ヴィチセラ (104) 原種 (46) 大輪別 (0) 小輪別 (0) 早咲き大輪 (380) 系統不明 (39) 遅咲き中輪 (10) 遅咲き大輪 (151)

    通販サイトで探す

    アーマンディのリスト

    品種名カラー画像評価
    アーマンディー・アップルブロッサム  
     
    評価なし
    アーマンディー・スノードリフト  
    評価なし