クレマチス図鑑– Clematis Books –

数多くあるクレマチスの品種を探せるように、欲しいクレマチスを探せるようにしたいと思い、クレマチス図鑑を立ち上げました。

クレマチスを探す

キーワードから探す

系統から探す

アトラゲネ (35) アルピナ (4) アーマンディ (2) インテグリフォリア (81) オセアニア (5) オリエンタリス (7) カンパネラ (12) コンナータ (12) シルホサ (10) ジャックマニー (119) タングチカ (13) テキセンシス (38) パテンス (287) フォステリー (9) フラミュラ (25) フロリダ (54) ヘラクレイフォリア (30) ベバエンセラ (3) マクロペタラ (6) メクラチス (10) モンタナ (38) ラヌギノーサ (124) ヴィオルナ (127) ヴィタルバ (8) ヴィチセラ (104) 原種 (46) 大輪別 (0) 小輪別 (0) 早咲き大輪 (380) 系統不明 (39) 遅咲き中輪 (10) 遅咲き大輪 (151)

五十音順から探す

ランキング

クレマチスのブログ新着記事

写真提供のお願い

クレマチスの写真を集めています。どうしても個人で集めるには難しいので、写真の提供をお願いしています
もし写真を提供していただける方がいましたら、Twitterアカウントの@Eternal_tears_に写真を添えてリプしていただけると助かります。

全クレマチスリスト

クレマチスとは?

クレマチスは、キンポウゲ科キンポウゲ属に属する約300種の植物です。

1862年に誕生した「クレマチス×ジャックマニー」をはじめ、園芸家の間で人気の高い交配種が次々と生み出されています。

それらの原産地は主に中国と日本であり、ほとんどの品種は英語でクレマチスと呼ばれていますが、トラベラーズ・ジョイ(traveller's joy)という名前でも知られています。これは薬草学者のジョン・ジェラードがイギリス原産のC. vitalbaのために考案した名前です。

Clematis virginiana (= Virgin's Bower)は、C. terniflora、C. virginiana、C. viticellaのことです。

老人の髭(old man's beard)は、種頭(クレマチスの種の塊)の目立つものに適用されます。

花弁が肉厚のものにはテッセン(鉄線 = leather flower)。

また、北米産のクレマチス・ヴィオルナには、つる性の花瓶(vase vine)が使われます。

植物界 Plantae
クレード被子植物 angiosperms
クレード真正双子葉類 eudicots
クレード裸子植物 Eudicots
キンポウゲ目 Ranunculales
キンポウゲ科 Ranunculaceae
亜科キンポウゲ亜科 Ranunculoideae
種族アネモネ科 Anemoneae
センニンソウ属 Clematis
学名Clematis L.
和名センニンソウ(仙人草)
科学的分類

語源

クレマチス属名は、古代ギリシャ語のκληματίς : clēmatís(「つる性植物」)、κλήμα : klḗma(「小枝、新芽、蔓」)に由来しています。250以上の種と品種が知られており、その多くは原産地や特定の特徴にちなんで命名されています。

植物学

樹勢が強く、木質化したつる性植物(vines / lianas)から構成されています。木質化した茎は、数年経つまでは非常にもろいです。葉は対生で、小葉と小葉柄に分かれ、ねじれたり丸まったりして、植物を支える構造物に巻き付きながら上昇します。低木性の品種もありますが、C. rectaのように草本性の多年生植物もあります。冷温帯の品種は落葉しますが、温暖な地域の品種の多くは常緑です。日当たりの良い、涼しく湿った水はけの良い土壌で最もよく育ちます。

クレマチス種は主に北半球の温帯地域に分布し、稀に熱帯地域にも分布します。

クレマチスの葉は、ヤナギムシ(Peribatodes rhomboidaria)を含むいくつかの鱗翅目(りんしもく)の毛虫の餌となります。

花の時期や位置は様々で、春咲きのクレマチスは前年の茎の脇芽に、夏・秋咲きのクレマチスは新しい茎の先端にのみ、二度咲きのクレマチスは両方に花を咲かせます。

ガーデンヒストリー

クレマチス・パテンス C.Morren et Decne. (風車)は、日本原産で、1836年にフィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルトによってヨーロッパに導入されました。現在では、大輪系品種の開発に最も多く利用されている種です。

また、中国原産のクレマチス・フロリダなどの野生種も17世紀には日本庭園に入り込んでいました。 これらの品種も日本を通じてヨーロッパに持ち込まれました。

江戸時代に日本や中国原産の種を用いて栽培された日本庭園選抜種は、19世紀末に中国原産の種が自生地で確認されるよりもずっと前の18世紀に、ヨーロッパの庭園に到達した最初の外来種のクレマチスでした。

ヨーロッパに到着した後、ニュアンスのある花の象徴として有名なヴィクトリア朝時代に、いくつかの意味を獲得した。それは精神的な美しさと芸術だけでなく、貧困の両方を象徴するようになりました。

栽培について

壁やフェンスなどの構造物をよじ登ったり、低木や樹木など他の植物の間を通って成長する能力を持つため、クライミング品種が評価されています。

また、地面を覆うように植栽されるものもあります。

クレマチスは、その適応性と華やかな花の数々から、あらゆる園芸植物の中で最も人気のあるものの1つです。

通販やオンラインカタログでは、多くの希少な品種を入手することができます。

また、チェルシーフラワーショーなどの国内フラワーショーでは、専門家が定期的に展示会を開いています。

理論的には、クレマチスは一年中いつでも開花させることができます。多くの品種は、花が咲き乱れたり、種子の頭を飾ったりして、第二期の楽しみを与えてくれます。

クレマチスは、どんな良い土でも育つことができます。根は通常、湿った涼しい場所を好みますが、葉は日当たりのよい場所で育てます。ネリー・モーザー('Nelly Moser')のような繊細な品種は、明るい日陰でもよく育ちます。多くのクレマチスは、コンテナでうまく育てることができます。

使用と毒性

ヨーロッパの品種は薬草学の世界には入り込みませんでした。

アメリカ旧西部では、ウエスタンホワイトクレマチス(Clematis ligusticifolia)を、初期の旅行者や開拓者がペッパーバインと呼び、スペイン植民地からヒントを得て、種子やイエルバデチバトの刺激性の葉をコショウ代わりにしていました。

属全体が精油や化合物を含んでおり、皮膚や粘膜に非常に強い刺激を与えます。

しかし、黒胡椒やトウガラシとは異なり、クレマチスの化合物は大量に摂取すると消化管に内出血を引き起こします。

C. ligusticifoliaは基本的に有毒です。

剪定するときは、手袋をするとよいでしょう。

その毒性にもかかわらず、ネイティブアメリカンはごく少量のクレマチスを片頭痛や神経障害の有効な治療薬として使っていました。

また、皮膚の感染症の効果的な治療法として使用されていた。

クレマチスは、バッハのレスキューレメディの成分でもある。

エチオピアの2種(Clematis longicauda steud ex A. Rich.とClematis burgensis Engl.)の葉エキスは、耳の疾患や湿疹の治療に地元で使用されています。

これらの両種からの抽出物の植物化学的スクリーニングは、抗菌および抗真菌活性を示した。

また、これらの植物の抽出物は、創傷治癒および抗炎症活性を有しているが、これも植物性構成成分に起因するものと考えられる。

クレマチスは、健康に効果があるとされる代替医療の一種であるバッハのフラワーレメディに使われる38種類の植物のひとつに挙げられています。

しかし、英国癌研究所の発表によると 「フラワーレメディががんを含むあらゆる種類の病気をコントロールし、治癒または予防することを証明する科学的証拠はない」と述べています。

害虫と病気

クレマチスの品種は、いくつかの病害虫に弱いです。

クレマチス萎凋病(日本では立枯病とも呼ばれる)は、Phoma clematidinaという菌によって引き起こされる茎腐病で、多くの種が耐性を持つが、枝全体が劇的に萎れ、枯死します。

また、本属の種はPuccinia recondita f.sp. triticiの交互宿主でもあります。 3 C. mandshuricaは特に旧東ソ連領で小麦に移植可能な接種物を提供することが知られており、本属のいくつかは他のP. recondita株: 8や他のプッチニアの宿主である: 25 その他の病害にはうどん粉病、ウイルス、ナメクジやカタツムリ、カイガラムシ、アブラムシ、ハサミムシ、緑花病(日本では紫陽花に感染するアジサイ葉化病が有名で、これと同じことがクレマチスでも起こるらしい。通常は細菌の一種、ファイトプラズマの感染により引き起こされる)があります。

123...131