モンタナ系 < クレマチス 系統別– Clematis Montana –

クレマチス・モンタナ(Clematis Montana)系は春に小輪の花を咲かせる一季咲きで、旧枝咲きの弱剪定です。花色は白系統が多く、淡いピンクと紫系統、花弁が4枚の十字咲きが基本です。

モンタナ系の情報や育て方を詳しく解説します。

目次

モンタナの解説

クレマチス・モンタナ(Clematis montana)は、キンポウゲ科クレマチス属の花木で、マウンテンクレマチス、ヒマラヤスギナ、アネモネクレマチスとも呼ばれます。

この植物は落葉性で、その勢いは非常に強力です。

晩春には、約4週間にわたってたくさんの小さな花を咲かせます。

モンタナ系の花は白またはピンクで、4つの花弁を持ち、特に黄色い葯が目を引きます。

その美しい花と力強い成長は、庭や庭園に見事な景観をもたらします。

栽培について

クレマチス モンタナ系は、温帯地域で広く人気のある園芸植物です。

特に魅力的なのは、そのしなやかなつるで、物置やフェンスなどの見苦しい場所を美しく覆い隠すことができます。

モンタナ系のクレマチスはどんどん成長し、放っておくと最大で12mにもなることがあります。

クレマチスの花は、ハチ、チョウ、そしてハチドリを引き寄せる美しい色と香りを持っています。

これにより、庭や庭園に豊かな生態系と美しい景観をもたらすことができます。その成長力と美しい花は、自然との共生を楽しむための理想的な選択肢です。

園芸用に数多くのモンタナ系の品種が育成されています。

  • モンタナ・アレキサンダー(C. montana ‘Alexander’)
  • モンタナ・グランディフローラ AGM(C. montana var. grandiflora AGM)は、本種よりも花が大きい。
  • モンタナ・ルーベンス(C. montana var.rubens)
  • ブロートン・スター AGM(’Broughton Star’ AGM) – 濃いピンクの八重咲き。
  • エリザベス(’Elizabeth’) – 淡いピンクの花が咲く
  • フレッダ(Clematis montana ‘Freda’)
  • ピンク・パーフェクション(’Pink Perfection’)
  • テトラローズ(’Tetrarose’)AGM – 濃いピンクの花を咲かせます。
  • ウィルソニー(Clematis montana var. wilsonii) – 遅咲きで、チョコレートの香りがします。

AGMと表示されている品種は、英国王立園芸協会のガーデンメリット賞を受賞している品種です。

語源

クレマチスという名前は、いくつかのつる性植物のギリシャ語の呼び名で、「つるの芽」を意味するklemaから派生しています。

そして、ラテン語の固有形容語であるmontanaは、「山」または「山から来る」という意味を持ちます。

この名前は、クレマチスがしばしば自然の中で山岳地帯に繁茂することに由来しています。

コレクション

クレマチス・モンタナのイギリス国内コレクションは、ハンプシャー州のソールズベリー近郊、ニューフォレスト国立公園内のウッドフォールズにあるバイ・ザ・ウェイに所蔵されています。

庭園内には何百ものクレマチスが調和良く配置されており、その多くは英国クレマチス協会の種から育てられました。

このコレクションは、美しいクレマチスの多様性と魅力を楽しむ素晴らしい場所として知られています。豊かな自然の中で、クレマチスの美しさと個性を存分に堪能することができるでしょう。

育て方

日当たり

日光を必要とします。適度な日光が当たる場所が理想的です。

土壌

良質な土壌が必要で、湿度が高く排水の良い土壌が適しています。有機物質が豊富な土壌が望ましいです。

冬に過度に湿った状態になると、枯れてしまう可能性があります。

夏の乾燥

夏に土壌が乾燥しないように注意が必要です。適切な水分供給やマルチングを検討しましょう。

耐病性

一般的に耐病性がありますが、特定の病気に対して感受性があることがあります。

耐寒性

USDAゾーン6から9で耐寒性があります。

根は涼しい状態を好むため、根が陰になりつつも、植物自体が日当たり良好な場所に植えることが勧められます。

残念ながら完全な耐寒性ではなく、寒冷な気候や特に冬の気温が摂氏マイナス15度以下の場合には適していません。風を遮る暖かい場所で育て、高い支持体(例: 木)に寄せるべきです。

主な生息地と起源

クレマチス・モンタナはアジアとヒマラヤ地域が原産地です。

特徴

習性とサイズ

クレマチス・モンタナは成長が非常に生育旺盛で、高さ6〜12mに達することがあり、壁、フェンス、トレリス、アーチなどを覆うのに適しています。

クレマチス・モンタナのより繁茂するタイプは、育つ条件によって異なりますが、8m以上に達することがあり、一部の完全に繁茂する品種は10〜12メートルに達することもあります。これらは多くの庭で多様な用途がある多目的な植物です。

単純で魅力的な深緑の葉が特徴で、花の色彩を引き立てます。一部の品種では美しい赤銅色の葉が見られます。

モンタナ系は、遅い春に約4週間の期間、多くの小さな花で覆われます。

直径約5cmの白、ピンク、または淡いローズ色の花に、目立つ黄色の雄しべ、4枚の花びらがあり、バニラのような香りがあります。

開花時期

クレマチス・モンタナは通常、遅春から初夏にかけて花が咲きます。一部の品種は後の時期にも散発的に花を咲かせることがあります。

咲く枝

春に前年の伸びた枝に花を咲かせるので、旧枝咲きです。

剪定と剪定時期

クレマチス・モンタナは剪定グループ1に属します。

定期的な剪定は必要ありませんが、成長があまりにも大きくなりすぎたり、細長い場合は、開花後に春に切り戻すと良いでしょう。定期的な剪定は強い成長と良い開花を促します。

クレマチス・モンタナ(または同様のつる植物)を剪定する際に、花が視線の高さに保たれ、植物の基部に裸の絡まった枝(つまり、茎の下部に複雑に絡み合った不要な枝)がないようにすることが重要です。

クレマチスは通常、上部に花が咲くため、花を楽しむためには視線の高さに花があることが望ましいです。また、基部に絡まった不要な枝があると、植物が美しく見えないだけでなく、花を咲かせにくくなることがあります。したがって、剪定を行って、花を目の高さに保ち、茎の下部に不要な絡まった枝を取り除くことが大切です。

花後の剪定

花が終わったら、古い花の頭部を切り取り、再び花を咲かせるように促します。

春の剪定

春になると、茎を地面から20〜30センチの高さで切り戻すことが必要です。

冬の剪定

若い植物の場合、植えた後の最初の年には茎を地面から約30センチの高さで切り取り、2年目には40センチ、3年目には50センチの高さで切り取ります。

人気ランキング

モンタナ系のクレマチスの各品種ページで【いいね】と、育てやすさの【評価】をランキングにしました。
モンタナ系の人気品種と、育てやすい品種が分かりますので、購入の際の参考にしていただければと思います。

モンタナ系の品種一覧

品種名 画像 カラー 評価
アレキサンダー  
0 未評価
ヴァン・ゴッホ ヴァン・ゴッホ  
 
2 未評価
ウィー・ウィリー・ウィンキー ウィー・ウィリー・ウィンキー  
0 未評価
ウィルソニー  
0 未評価
エリザベス エリザベス  
0 未評価
オドラータ オドラータ  
1 未評価
グランディフローラ グランディフローラ  
0 未評価
グリーン・アイズ グリーン・アイズ  
0 未評価
クリソコマ  
0 未評価
クリソコマ・ハイブリッド クリソコマ・ハイブリッド  
 
0 未評価
金色 金色  
 
0 未評価
ジェニー・キー  
 
 
0 未評価
ジャッキー  
0 未評価
スター・ライト スター・ライト  
0 未評価
スターレット スターレット  
0 未評価
スノーフレーク スノーフレーク  
0 未評価
スポーネリ スポーネリ  
0 未評価
スポーネリ・ロゼア  
0 未評価
テトラローズ テトラローズ  
0 未評価
銅葉ルーベンス  
1 4.43/5 (1)
トリメライ トリメライ  
0 未評価
白寿 白寿  
0 未評価
ピンク・パーフェクション ピンク・パーフェクション  
0 未評価
フラグラント・スプリング フラグラント・スプリング  
0 未評価
プリムローズ・スター プリムローズ・スター  
0 未評価
フレーダ フレーダ  
0 未評価
フレッダ フレッダ  
0 未評価
ブロートン・スター ブロートン・スター  
0 未評価
プロスペリティー プロスペリティー  
0 未評価
紅の蝶 紅の蝶  
 
0 未評価
ベラ ベラ  
0 未評価
マーガレット・ジョーンズ  
0 未評価
マジョリー マジョリー  
 
0 未評価
ミス・クリスティーン  
0 未評価
メイリーン メイリーン  
0 未評価
モーニング・イエロー モーニング・イエロー  
0 未評価
桃色山ハンショウヅル 桃色山ハンショウヅル  
 
0 未評価
桃山 桃山  
0 未評価
サンライズ サンライズ  
0 未評価
ほほ紅  
0 未評価
みやび みやび  
0 未評価
雪の華 雪の華  
 
0 未評価
ルーベンス ルーベンス  
0 未評価
ルーベンス・スペルバ ルーベンス・スペルバ  
 
0 未評価
ローズバット ローズバット  
0 未評価
ワーウィックシーレ・ローズ ワーウィックシーレ・ローズ  
0 未評価