テキセンシス系 < クレマチス 品種別– Clematis Texensis –

テキセンシスの解説

クレマチス・テクセンシス(Clematis texensis)は、キンポウゲ科(Ranunculaceae)のつる性植物で、通称スカーレットレザーフラワーと呼ばれ、米国テキサス州のエドワーズ高原に自生しています。

アメリカではテキサス州のエドワーズ高原の固有種です。

自然環境は石灰岩の岩場や川岸に生息しています。

説明

草本性でやや木質化したつる植物で、高さ9フィートまで登ることができます。

春から夏にかけて、新芽にベル型の花を咲かせます。

花弁は厚く革質で、緋色の萼片を持ちます。

花後に羽毛のような球状の梅花藻を見せます。

このクレマチスは非常に丈夫で乾燥に強く、日当たりの良い場所に植えると、最初の霜が降りるまで花が持続することがあります。

栽培について

他のクレマチス品種との交配により、"Duchess of Albany", "Princess Diana", "Gravetye Beauty", "Sir Trevor Lawrence", "Etoile Rose" など、ピンクから濃い緋色の赤色で、本種よりも華やかな品種が誕生しました。

  • デューチェス オブ アルバニー
  • プリンセス ダイアナ
  • グレイブタイ ビューティー
  • サー トレヴァー ローレンス
  • エトワール ローズ

クレマチス・テクセンシスとその交配種は、花弁が4枚のものが多く、花はユリの花のチューリップに似ていて、下向きのベル型になることもあります。

用途

乾燥した茎を刻んでお茶にすると、頭痛や偏頭痛を治療することができます。

歴史的に、チンキ剤は皮膚の表面に塗布すると、根本的な不快感を打ち消すような刺激を生み出す、対刺激剤として機能するように作られることがありました。

品種名カラー画像評価
茜の壺  
評価なし
ウォーカーズ・ブルース  
評価なし
エトワール・ロゼ  
評価なし
エルフ  
 
評価なし
オクロレイカ  
評価なし
オブスキュア  
評価なし
キャサリン・クランウィリアム  
評価なし
クリオネ  
評価なし
クリムゾン・エコー  
評価なし
グレイブタイ・ビューティ  
評価なし
サー・トレボー・ローレンス  
 
評価なし
ソネット  
評価なし
ソフィー  
評価なし
タイニー・ポップ  
評価なし
ダッチェス・オブ・アルバニー  
 
評価なし
鶴川  
 
評価なし
テキセンシス(実生)  
評価なし
テキセンシス・スカーレット(実生)  
評価なし
バーシカラー  
 
評価なし
這沢  
這沢 評価なし
白磁  
評価なし
パゴダ  
評価なし
バックランド・ビューティー  
評価なし
ハッピー・ダイアナ  
評価なし
はるひ野  
評価なし
ピッチェリー(実生)  
評価なし
藤かほり  
 
評価なし
不動  
評価なし
プリンセス・ケイト  
 
評価なし
プリンセス・ダイアナ  
評価なし
ペヴェール・プロフュージョン  
評価なし
ミニ・ベル  
評価なし
妙福  
評価なし
モアフィールディー  
評価なし
桃の君  
評価なし
吉野霞  
 
評価なし
リトル・ベル  
評価なし
レディ・バード・ジョンソン  
評価なし