タングチカ系 < クレマチス 系統別– Clematis Tangutica –

黄金のクレマチスである Clematis tangutica は、キンポウゲ科の顕花植物の一種です。

中央アジアから中国の大部分まで見られ、カナダ西部、チェコ、スロバキア、スイス、ニュージーランドの南島に導入されています。

その栽培品種「ビル・マッケンジー」と「ラムトン・パーク」はどちらもタングティカ・グループのメンバーであり、王立園芸協会のガーデン・メリット賞を受賞しています。

タングチカ系クレマチスは、美しい花と魅力的な特性で知られるグループです。

【解説】
タングチカ系のクレマチスは、美しい花とユニークな特性で園芸愛好家に人気です。その魅力的な花は、庭やランダムな場所で咲くことができ、季節によって異なる色や形状を楽しむことができます。また、剪定の管理も比較的簡単で、初心者から上級者まで幅広い愛好家に楽しまれています。

【花の特徴】
タングチカ系の花は、典型的には鈴状の花が集まった房を形成します。花びらの色は品種によって異なり、鮮やかな紫、青、ピンク、白などがあります。その美しい花は、春から初夏にかけて咲き、庭やガーデンを鮮やかに彩ります。

【原生地】
タングチカ系の一部はヨーロッパ原産で、山岳地帯や森林などで見られます。これらの環境での成長に適応し、その特性を保っています。

【タングチカの名称の由来】
「タングチカ」の名前は、この系統のクレマチスが鈴状の花を咲かせることに由来します。英語の “bell”(鈴)と “tongue”(舌)を組み合わせた言葉で、その花びらの形状を表しています。

【剪定グループ】
タングチカ系のクレマチスは、剪定の管理が行いやすいという点でも人気です。一般的には、春咲きのものは花後に剪定し、夏咲きのものは早春に軽く剪定することが推奨されています。これにより、花の形成や健康的な成長を促進します。

人気ランキング

タングチカ系のクレマチスの各品種ページで【いいね】と、育てやすさの【評価】をランキングにしました。
タングチカ系の人気品種と、育てやすい品種が分かりますので、購入の際の参考にしていただければと思います。

評価ランキング

まだレビューしていません。